「シミウス効果ない」の原因は使い方にあった!?間違った使い方とは

シミウス使い方

シミウスは

  • 1つで10役のオールインワンでスキンケアもシミケアもできる
  • オールインワンだからスキンケア時間が短くなった。
  • 1つ4,000円前後で買えてコスパも良い

リピート率はなんと93.9%としっかりと使い続けられている人気の薬用オールインワンジェルです。

そんなシミウスあですが、悪評があるのも事実です。

そして悪評のほとんどは

  • シミに効果を感じられなかった。
  • シミウス1つではスキンケアに物足りなさを感じる

あなどの「効果が無い」という内容のものでした。

ですが実際に調べてみると効果を実感できなかったの多くは「間違った使い方が原因」の可能性が高い事が判明しました。

今回は

  • 悪評に多かったシミウスの間違った使い方
  • シミウスの正しい使い方

などについて調べてご紹介していきたいと思います。

シミウスの間違った使い方とは

シミウスの悪評に多かった間違った使い方としては

  • 1回の使用量の多すぎ、少なすぎ
  • 使用期間の短さ

などが圧倒的に多かったです。

1回の使用量の多すぎ、少なすぎ

シミウスの悪評の中には

  • 「1ヶ月2個のペースで使用したのにシミに効果無かった。」
  • 「節約の為、1ヶ月で1個のペースで使用して長期間使用したけど特別な良さあは感じられませんでした。」

などのように1回の使用量を間違って使ってしまった結果、効果を感じられなかったというような方が少なくはありませんでした。

基本的にスキンケア商品は塗りすぎてしまうと肌が異物と判断して、皮脂が過剰に分泌されてしまい結果、

皮脂がスキンケア商品の成分の浸透を妨げてしまうと言われおり、シミウスも同様に塗りすぎるのは良くないと言われています。

そして使用量が少なくて効果が感じられないのは、単に使用量が少ないので肌に浸透せず効果を感じられてない可能性が高いという事です。

正しい使用量はシミウス1個を1ヶ月ペースで使用する使用量なので、1個1ヶ月で使い切るのを目安にすると正しい使用量で使い続ける事ができるのでオススメです。

使用期間の短さ

シミウスを使用したけど「シミに効果を実感できなかった」という方は使用期間が1ヶ月から長くても3か月未満の方がほとんどでした。

私自身、シミウスを約6か月間愛用してますが、シミが薄くなり始めたと効果を実感したのは4ヶ月ほど使用継続してからでした。

そして肌の状態は人それぞれバラバラですが、ターンオーバーのサイクル(肌の再生期間)は基本的に6週間ほどかかると言われおり

シミウスを使用し始めてから肌の垢や古い角質が剥がれ落ちて、新しい細胞への入れ替わっていく期間が約6週間と考えると、効果を実感できるまで早い方でも3か月ほどはかかる計算になります。

(即効性を期待してのシミウスの購入はオススメできないという事ですね)

シミウスの正しい使い方とは

シミウスの正しい使い方としては

1.付属のスパチュラ(ヘラ)で2杯分を目安に手にとり両頬、額、鼻、アゴの5か所に置き、顔全体にむらなくのばします。

顔全体に伸ばした後は軽くマッサージを行います。

1.らせんを描くように頬を持ち上げるように馴染ませます。

2.次に頬にらせんをすりあげながら馴染ませます。(それぞれ3回)

3.ほうれい線を伸ばすように意識して斜め上に向かって引き上げる(3回)

4.フェイスラインの部分からこめかみあまで引き上げます(3回)最後にこめかみを押す

 

関連記事

実際のシミウスの悪評が気になる方はこちらの記事で詳しく紹介しています。→シミウスはシミケアに良い?30代、40代のリアル過ぎる口コミとは

タイトルとURLをコピーしました